彦根歴史研究の部屋

彦根や井伊家の歴史について、これまで発表してきた私見の紹介・補足説明・修正など。

史料に登場する井伊直政の足跡 第7回岐阜城攻め

 ”天下分け目”の関ヶ原合戦(慶長5年9月15日の関ヶ原での戦いだけでなく、同年7月の石田三成挙兵から講和成立まで)の中で、東軍(徳川勢と親徳川の豊臣諸将)が岐阜城を1日で落城させたことが、その後の戦況に大きく影響したことはよく知られている。

 今回は、岐阜城攻めの中で、井伊隊がどのように行動し、諸隊の中でどのような位置づけであったのかを見ていきたい。

 岐阜城攻めを行ったのは、会津出兵へと向かっていた諸勢のうち、東海道を西上して清洲城に集結していた諸将であった。福島正則池田輝政をはじめとする豊臣恩顧の諸将らがその中心を占めていた一方、徳川家臣は部隊を率いているのは井伊直政のみで、それに本多忠勝が体調面の不安な直政を補佐すべく同行しているに過ぎなかった。


 8月14日、直政は諸将とともに清洲城に入り、家康の到着を待ったが、家康は出馬する様子を見せず、代わりに村越茂介を使者として遣わした。この時の逸話として、諸将は家康が出陣する気配を見せないことを村越に詰問したところ、村越が「諸将が手出しをしないから家康は出陣しない」と言い放ったため、即時岐阜城を攻めることを決定したという。この挑発的な発言は逸話に過ぎないが、このとき諸将が岐阜城を攻撃するという作戦を立てて実行に移したことには間違いない。

 岐阜城へは二手に別れて進軍することになった。直線的な上流のコースは池田輝政浅野幸長山内一豊らが進み、美濃路を通って尾越(現行地名は起)で木曽川を渡る下流コースは福島正則細川忠興黒田長政藤堂高虎らが進んだ。直政も下流コースに同行した。

f:id:hikonehistory:20181009183127p:plain地理院タイル(淡色地図)に文字を貼り込んだ

 21日、各勢とも清洲城を出発し、二方向にわかれて進軍を開始した。
 22日、直政の属する下流組は木曽川を渡って竹ヶ鼻城を落城させた。そうしたところ、上流組が敵の攻撃を受けながらも木曽川を渡り、岐阜城の北方へ陣を置いたことを聞いたので下流組も夜のうちに岐阜城下まで兵を進め、翌23日、一斉に攻撃して、その日のうちに岐阜城を落城させた。

 下流組の中での井伊隊の位置は、21日は先手の福島隊に続いて進軍していたが、22日の軍議で諸将から、全軍の後尾につくようにとの申し入れがあり、直政はそれに従っている。直政としては、福島を見張る位置にいたかったが、豊臣諸将とむやみに争うことは避けて、彼らの言い分を受け入れたのであろう。

 23日の岐阜城攻めは、福島ら下流組が城の正面にあたる追手口から攻め、池田ら上流組が搦手から攻撃した。

 井伊家では、後世、岐阜城攻めのことを「瑞龍寺城攻め」などと称しており(「侍中由緒帳」木俣清左衛門)、また、伊奈波神社裏の松田十太夫が守る砦を攻略したともいう。瑞龍寺は、現在も岐阜城のある金華山から続く山の南端の麓に建っているが、その背後にある山を瑞龍寺山という。つまり、南方から進軍していたことがわかる。

f:id:hikonehistory:20181009183336p:plain

 

 岐阜城攻めは、豊臣諸将が家康に味方して大坂方(石田三成大坂城の秀頼)と対決する姿勢を示すことに意味があり、徳川家臣である直政が先陣を切って戦う場ではなかった。直政自身も、自分は諸将の間を調整して彼らの戦功を家康に報告することだと認識している。
 それでも、井伊隊が金華山を取り囲む諸勢の一翼を担い、岐阜城を1日で落城させるのに貢献したのは間違いない。

  

f:id:hikonehistory:20181009183752j:plain

 

 

   

 

 

 

 

史料に登場する井伊直政の足跡 第6回長久手古戦場

前回より時代は遡りますが、天正12年(1584)、直政が侍大将となって初めての大きな戦い、長久手合戦での井伊隊の動きを探ります。

 

小牧・長久手の戦いで、井伊直政徳川家康の旗本隊の先鋒として布陣していた。家康は小牧山城に入っていたが、秀吉方の別働隊が三河・岡崎方面へ兵を動かしたのを察知した家康はこれを追撃する。

秀吉の別働隊は、池田恒興森長可堀秀政、三好秀次(のちの豊臣秀次)らである。その先鋒が三河へ向かう途中にある岩崎城を攻め落とし、休息していたところへ、徳川の先鋒隊が襲う。最後尾にいた三好隊は総崩れとなり、その次にいた堀秀政隊は戻って桧ヶ根で徳川方の大須賀康高榊原康政隊と戦う。先鋒の池田恒興森長可隊も兵を戻してきた。
家康隊は小幡城から東の山沿いを迂回して色金山に入り、そこから富士ヶ嶺に本陣を置く。井伊隊は家康隊の先鋒として軍勢を先導し、富士ヶ嶺の切通しから頭狭間へ向かい、敵方の池田恒興隊、森長可隊へ攻めかかった。このとき直政は敵の正面から攻めかかろうとしたが、配下の三科肥前と近藤秀用が南の山の中腹を廻って背後から攻めるよう進言した。直政はこれを承知しなかったため、近藤が直政の馬の口を向けてルートを変更させたという。

f:id:hikonehistory:20180914163711j:plain

    長久手市郷土資料館図録「小牧・長久手の戦い」より

 

この合戦の様子は、江戸時代の史料に多く記されている。それらを読んでいると地名が出てくるが、地図がないと復原しづらい。

そこで、地図を見ながら各軍勢の配置を考えていきたい。
家康が本陣を敷いた色金山と富士ヶ嶺(富士が根)は史跡として特定されている。富士が嶺は、家康が旗を立てたことから御旗山と呼ばれるようになったという。また、池田恒興森長可が討たれたとされる跡地には、それぞれ碑が建てられている。
 勝入塚:伝池田恒興戦死地跡
 武蔵塚:伝森長可戦死地跡
ただし、これらは江戸時代になって尾張藩士によって比定されて石碑が建てられ、史跡とされたものなので、推測を含んでいるという点に注意しなければならない。

 

f:id:hikonehistory:20180912173212p:plain

   地理院タイル(淡色地図)に文字を貼り込んだ

 

現在の地名や史跡からは、頭狭間の位置は特定できないが、
 頭狭間 仏ヶ根向方敵の右の方 池田父子
 烏狭間 同 向の方敵の左の方 森武蔵守
 仏ヶ根 此方の右 森長一  井伊兵部少輔直政
     此方の左 池田父子 御旗本衆       
   (「長久手戦話」、『長久手町史』資料編6より、ただし仏ヶ根の割書は『朝野旧聞裒藁』により修正した)
という記述がある。
仏が根は、現在の古戦場公園の北側に地名が残っている。古戦場公園は小高い地形であるが、「○が根」とは高台を示す地名なので、古戦場公園一帯の高台を指すとみられる。
その東の谷が頭狭間、西の谷が烏狭間だろう。狭間とは、はざま・谷間を意味し、谷間の地名に付けられる。

徳川は色金山から富士ヶ嶺に入ったが、ここに布陣することで南方から戻ってきた池田・森隊と、その先の桧ヶ根で戦う堀隊との間を分断できた。また、仏が根や富士ヶ嶺などの高台をいち早く確保することで優位な布陣となった。

井伊隊は池田隊の正面から攻めずに山の中腹から攻めたというが、この山は古戦場公園となっている仏が根のことだろう。戦いに慣れた直政配下の者は、高台に布陣するという戦のセオリーに従って仏が根に布陣し、そこから鉄砲を撃ち下ろす攻撃を仕掛けて勝利に至った。

このように見ると、長久手での勝利は徳川勢の進軍方向と布陣位置の判断のおかげであると言っても過言ではないだろう。その判断は、もちろん家康からの指示もあるだろうが、先鋒を任された井伊隊によるその場でのとっさの判断も大きかったといえよう。

 

現地に行ってみたが、御旗山から古戦場公園までわずか約1㎞しかなく、狭い範囲での戦いだったことがわかる。ただ、一帯は住宅開発されて新しい道が通り、その中に史跡が点在している状態であった。

ここに建てられている石碑は、江戸時代に造られたものであった。長久手での勝利は徳川にとって重要なものであり、長久手を領する尾張藩の学者らが軍記物などから史跡を特定し、石碑を立てて顕彰したのである。元になった話も徳川創業史として逸話などの創作が加わっており、100%信用できるという程ではない。史跡比定も地元の伝承などは参照にしているであろうが、石碑の建つ地点というより広くその一帯と考えておく方がよいだろう。

 

f:id:hikonehistory:20180912152027j:plain
f:id:hikonehistory:20180912152015j:plain

勝入塚

f:id:hikonehistory:20180912152039j:plain
f:id:hikonehistory:20180912152050j:plain

武蔵塚

f:id:hikonehistory:20180912152112j:plain
f:id:hikonehistory:20180912152125j:plain

色金山

f:id:hikonehistory:20180912152000j:plain

御旗山 

 

 

史料に登場する井伊直政の足跡 第5回小田原の陣唯一の戦闘地「篠曲輪」

前回から随分時間が経ってしまいましたが、
引き続き、小田原の陣での井伊隊の動向について。

 

天正18年(1590)の小田原の陣。

豊臣政権によって動員された諸大名は小田原城を囲んだが、徳川勢は城の東、山王川と酒匂川の間に陣を敷いた。家康の陣は海岸から約1㎞、現在の寿町に置かれた。その地には「徳川家康陣地跡の碑」が建っている。

 

f:id:hikonehistory:20180906140756j:plain


井伊隊は徳川勢の中でも、もっとも海岸近くに布陣した。

小田原の陣では戦闘はほとんど行われなかったが、その中で唯一といっていい戦闘が6月22日の篠曲輪への夜襲であった。

篠曲輪は小田原城外郭にある山王口の外に築かれた出丸である。井伊隊は篠曲輪を落として旗を建てたが、北条方が城中より出てきて防戦し、味方の援護もなくそれ以上攻め入ることはできず、退いた。ただ、ここで曲輪を落として敵兵を討つという戦果を挙げたことは大きく、翌23日、一番首を挙げた近藤季用と長野業実は秀吉の本陣へ召し出され、秀吉に対面して褒美を下された。

北条氏は小田原城の周囲を総構で囲み、籠城して豊臣との戦いに挑んだ。山王口は総構の出入り口で、海岸線に沿った総構が折れ曲がる角に位置する。篠曲輪は山王口の外にあったということなので、総構えと山王川の間に位置していたと考えられる。

 

そこで現地に行ってみた。

付近には江戸口見附の一里塚がある。国道の広い道沿いにあるが、それもそのはず、東海道が今の国道1号であり、東海道が江戸方面から小田原城下に入る入り口が見附である。

北条氏時代の遺構としては、近くに総構の一部である蓮上院土塁が現存している。土塁の外側には堀が掘られていたはずである。

f:id:hikonehistory:20180906160845j:plain

 

蓮上院土塁の延長線上をたどり山王口付近に行くと、北条稲荷神社があった。海岸線と平行に築かれた総構の跡とみられる直線の道筋が突き当たった三角地にある。国道側(写真左側)が低くなっており、総構の痕跡と思われる。

f:id:hikonehistory:20180906160931j:plain

↑北条稲荷神社

 

引き続き篠曲輪跡をめざす。
山王川沿いに山王神社がある。その一角に「旧山王原村の図」という案内板が建てられていた。これを参考にして考えると、当時の街道は山王口から出ており、東海道(現在の国道1号)よりも数十メートル海岸川を通っていた。この道沿いには、山王川、山王神社の裏から山王川に流れ込む支流,、総構の堀と、三方を水路で囲まれた一帯があったことになる。このあたりが山王口の外に築かれた篠曲輪ではないだろうか。

 

f:id:hikonehistory:20180906160921j:plain
f:id:hikonehistory:20180906160950j:plain

左:山王神社内の案内板  右:山王川から山王神社方面

 

 

 

 

 

 

 

史料に登場する井伊直政の足跡 第4回小田原への道「箱根から宮城野」

天正18年(1590)、豊臣政権は臣従した諸大名に小田原への出陣を命じ、強大な軍事力で小田原城を取り囲んで北条氏を滅ぼした。


このとき、徳川家康にも出陣が命じられ、井伊直政も部隊を率いて出陣した。徳川勢は駿府から東海道を東に向かい、長久保城(静岡県長泉町)で秀吉を迎えて、そこから箱根の山越えをして小田原へ向かった。この時の井伊隊の進軍ルートとして、次のような逸話がある。

このときの先手は榊原隊であったが、直政は家臣の三浦安久を呼び、間道を知らないかと尋ねた。三浦は駿河の出身であり、この地の地理に詳しいと考えたためである。そこで三浦は、細道ではあるが人馬が往還できる道があり、箱根二子山の北より険隘な道を進むと小田原城の北、宮城野という所へ出ると答えた。これにより、直政は三浦に案内役を命じてこの道を進み、榊原隊より一日先に宮城野に到着したという(「井伊年譜」)。
(『井伊直政 家康筆頭家臣への軌跡』119頁)

 

箱根や小田原周辺の地理に詳しくないとどこを通ったのかわからないので、地図で確認し、先ごろ箱根に行ってみた。やはり現地に行くと、どのルートを通ったのか理解しやすい。

 

「井伊年譜」には、直政が三浦安久を呼んでルートを検討したのは、初音原であったと記されている。そこから箱根方面へ向かい、箱根二子山から北へのルートをとったという。

まず「初音原」について。

「初音台」という地名が三島市にあり、東海道が箱根方面の山道に入る手前に位置している。山越えの準備をするのにふさわしい場所である。

 


ここから東海道を東へ進むと、山中城、箱根峠、そこから須雲川沿いに下ると箱根湯本へ至る。この道沿いには北条氏の菩提寺である早雲寺もある。榊原康政隊は箱根峠から早雲寺方面へほぼ直線で結ばれた東海道を通って小田原まで進んだのであろう。

 

f:id:hikonehistory:20180724141441j:plain

f:id:hikonehistory:20180724142748j:plain

 北条氏の菩提寺 早雲寺

 

それに対し、井伊隊は二子山の北から宮城野へと出たとされている。

二子山とは、箱根関所から北東方面に見える上二子山と下二子山の二つの峰からなる山のこと。そして、宮城野とは、強羅や宮ノ下の北側に位置する。
つまり、井伊隊は箱根峠から芦ノ湖の東岸、箱根関所のある道を通り、二子山の西側を通る道を進んで小涌谷方面へ向かうルートをとったと考えられる。

そうすると、最終目的地が宮城野というのは疑問に感じ、別の史料を見たところ、「井家新譜」には「小田原城北宮野口」に着いたとある。宮野口を宮城野と誤解(あるいは写し間違い)したのだろうかと思い、次に小田原城周辺で「宮野口」を探したが、見当たらない。「久野口」はあったが・・・。これも誤認だろうか。

最終的に徳川が陣を敷いたのは小田原城の北東側、山王川の対岸であった。

 

榊原隊を追い越すことをめざした、とか、三浦安久を呼んで間道を尋ねた、などはいかにも逸話っぽいので信用するに足りないが、各部隊が分散して目的地をめざすのは不自然ではないので、井伊隊はこのルートを通って小田原に向かったと考えてよいだろう。

 

 

 

 

 

史料に登場する井伊直政の足跡 第3回井伊隊はじめての出陣「高遠口」

久しぶりの更新となります。「史料に登場する井伊直政の足跡」第3弾です。

今回は、井伊隊がはじめて家康から出陣を命じられた「高遠口」の地を探します。

 

 天正11年(1583)正月12日付で、徳川家康から井伊直政へ宛てた直筆書状が残っている。そこには
「急ぎ飛脚をもって申します。高遠口へ押さえの軍勢を遣わしました。その方の同心の物主を遣わすようにと申したかどうか忘れたので、飛脚で伝えます。申していなければ清三郎か誰かを遣わすように」
と記されている。

徳川家康自筆書状 井伊直政宛 | 彦根城博物館|

 

 家康は、前年の天正10年に甲斐に兵を出し、北条氏との戦いに勝利して甲斐を手中に収めていた。年末に甲斐を出立して浜松に戻っており、浜松でこの書状を書いたと思われる。
 井伊直政は、徳川の甲斐出陣の際、22歳にして初めて一人前の仕事を命じられる。徳川と北条が約100日間も兵を対峙させている間、地元の武田旧臣を徳川に帰属させる交渉を担当し、北条との講和協議に際しては使者を務めた。このような活躍の場が与えられ、直政は家康の期待に応える働きを見せた。そのため、武田旧領と旧臣が徳川に入った段階で、家康は武田旧臣のうちの4部隊や、元から井伊氏の軍事指揮下にあった西遠江武家らをまとめて直政の配下に付けて、直政を侍大将に取り立てた。
 この書状で出てくる「清三郎」とは、木俣守勝のことである。木俣は家康家臣であったが、天正10年頃、直政を補佐するようにと付けられた。木俣は伊賀越えにも同行し、武田旧臣の帰属交渉に関わっているので、それ以前に直政のもとに付けられた可能性が高い。直政が侍大将となると、木俣に武田旧臣らを統率する役割が与えられた。この書状にある「同心の物主」がそれに該当するといってよいだろう。

 同心とは、戦国時代の大名家臣団にあって、いわゆる「寄親寄子」の「寄子」と同様の立場にある。寄親という軍団を率いる重臣(ここでは井伊直政)の配下にあり、軍事上も政治的にも指揮下に入った。つまり、井伊の同心とは、形式上は家康の家臣であるが、実際には直政の指揮命令下にあった者を指す。直政を侍大将として附属させた武田旧臣や菅沼・鈴木・近藤の「井伊谷三人衆」も同心に相当する。
 
 この文書では、家康は木俣が同心を統率して「高遠口」に兵を出すよう命令している。
 では「高遠口」とはどこか。高遠とは信州の高遠城であることはすぐにわかるが、「高遠口」は地名辞典を調べても出てこなかった。この文書を最初に解釈したときには、三州街道から高遠城方面へ向かう入り口あたりだろうかと考えていた。

 ところが、天正11年初頭時点の徳川勢の動きを確認しようとして、平山優氏の『武田遺領をめぐる動乱と秀吉の野望』(戎光祥出版、2011年)を読んでいると、井伊隊が実際に出陣していることが別の史料に記されているという。
 
 天正10年8月から10月にかけて、徳川と北条が甲斐で対立していたが、その間、同じ武田旧領であった信濃では、地元の勢力が徳川・北条らと味方する駆け引きをしつつ、支配領域の拡大を狙っていた。その一人に小笠原氏がいる。小笠原長時信濃守護の家柄の戦国大名であったが、武田信玄に攻め込まれて滅ぼされてしまった。長時の3男である小笠原貞慶は、武田と織田信長の滅亡による混乱に乗じて信濃に戻り、旧領を回復した。貞慶が信濃に入ったときには家康の支援があったが、北条勢が信濃に兵を進めて周囲に北条の勢力が強くなる中で、小笠原氏も徳川から離反して北条に味方することを決めた。


 徳川と北条の対立が一段落した頃、信濃では小笠原氏と対立する保科正直・諏訪頼忠が徳川に帰属したため、天正11年正月、家康は保科・諏訪への援軍を信濃へ送った。冒頭の直政に宛てた書状も、この派兵に関わるものと考えられる。
 実際、直政を大将とした甲州の兵と信州伊奈・諏訪の兵が出陣し、栗馬場・熊井原(塩尻市)に備えを立て、それに対して小笠原氏側は桔梗原(松本市)に物見を出したと、小笠原氏側の史料に記されている(「笠系大成」「岩岡家記」)。
 そうであれば、直政隊は甲府から諏訪湖に向かう街道を進んだのであろう。この街道は、江戸時代には甲州街道の一部で、現代では中央自動車道が通っている。このように考えれば、「高遠口」は甲州街道の茅野あたりで高遠方面へと杖突街道が分岐する地点あたりのことではないだろうか。

 

国道152号線が杖突街道。南下すると高遠に至る。 

 

もっとも、実際に井伊隊が兵を進めた地は、高遠口からさらに進んだ栗馬場・熊井原となる。栗馬場は、現行地名ではわからなかったが、熊井は塩尻市に北熊井城跡・南熊井城跡があり、このあたりと特定できる。 

 

追記 数年前に高遠から杖突峠を越えて諏訪方面に行ったことがありますが、そのときは、高遠口は探し出せず、杖突峠方面とは思い至りませんでした。わかっていれば写真を撮ったのに。そのとき撮った諏訪大社の写真をあげておきます。

f:id:hikonehistory:20180709181205j:plain

 

史料に登場する井伊直政の足跡 第2回直政初陣の地「芝原」

「史料に登場する井伊直政の足跡」第2弾です。

今回は、直政初陣の「芝原合戦」の地を探します。

 

 直政の初陣は、天正4年(1576)のことで、芝原合戦とされているのは『井伊直政 家康筆頭家臣の軌跡』でも触れた。
「井伊家伝記」や「井伊年譜」には、芝原合戦の最中、家康が陣営で休息していたところ、夜中に敵の間諜(スパイ)が忍び込んできたのを直政が見つけて討ち取り、褒美として領地が加増されたとする。
 そこで、芝原は現在のどこにあたるのかを探してみたが、地名辞典を見ても芝原という地名は出てこない。

 この頃の戦況から、おおよその場所は絞り込める。
 この頃、徳川家康は甲斐の武田勝頼と対立していた。武田は信玄の頃に三河遠江にまで進出していたが、天正3年の長篠合戦に敗れる。それでも遠江高天神城は死守していたので、家康は高天神城を奪おうとして、周辺に城を築いて取り囲んで孤立させようとした。武田方はたびたび遠江に出陣し、それを聞いた徳川方も応戦しようと出陣している。
 天正4年春、武田方は高天神城に兵糧を入れようとして勝頼みずから出陣して高天神城に入った。それを聞いた家康は、高天神城から約6㎞西の横須賀城に出陣し、その後、横須賀城から4・5町北の丸山に陣を敷いた。すると、勝頼はそれ以上兵を進められず退いたので、家康は芝原に兵を移したという。
 
 このように考えると、芝原は高天神城の周辺に位置するはずだが、現行地名からは特定できない。芝原という地名は、江戸時代に著された「御年譜」「浜松御在城記」「武徳編年集成」などに登場するため、井伊家だけが誤記・誤認したわけではなさそうである。この周辺には、笠原荘という平安時代からの荘園が菊川の河口周辺にあり、武田が浜側から高天神に入ったルート上に位置する。そのため、笠原が芝原に誤認された可能性も考えられるが、思いつきの域を超えるものではない。

 

 

 

 なお、直政の初陣が芝原合戦であったかどうかは、より詳細に検討しなければならない。別の説も存在しているからである。
 天正6年3月、これも武田勝頼に対するため、家康が駿河田中城を攻撃したのが直政の初陣で、この時菅沼定政が初召の鎧を着けさせたという逸話が「大三川志」「武徳編年集成」に記されている。
 
 どちらが真実かを探るのは困難だろう。それよりも、後世になって直政の功績をまとめ、顕彰しようとする中で、初陣での活躍が加えられたと考える方がいいのではないか。天正4年の芝原合戦での初陣というのも、直政は天正3年に家康に出仕しているので、出仕後はじめて家康が出陣した芝原合戦で直政が活躍したというエピソードが付け加えられたのかもしれない。

 他にも合戦での活躍エピソードが加えられた可能性が高いものがある。『寛政重修諸家譜』には、天正9年に高天神城を攻め落とした際、直政が間諜(スパイ)をもって用水を切り落としたので速やかに落城した、また、大手坂内にある与左衛門曲輪において功績をあげた、とあるが、この話は江戸時代初期以来の直政の系譜・事績書には見当たらず、享和元年(1800)、彦根藩が幕府へ提出した「井伊家系譜」に初めて出てくる。この高天神合戦は徳川にとって大事な戦いであり、いくつもの記録があるが、それらにはこの直政のエピソードは記されていない。

 

 天正9年に高天神城を勝ち取るまで、家康は武田に対して臨戦態勢で臨んでおり、家康は何度も出陣し、直政もそれに御供したのは確かだろう。何らかの功績を挙げて褒美をもらったこともあっただろう。ただ、江戸時代には、家康をはじめ武将たちの活躍は史実をベースとしながら創作を加えた軍記物が多く創られ、流布している。そういった物語が系譜のなかに取り込まれた可能性が高い。

 華々しい活躍ほど、「歴史小説」と見た方がいいのかもしれない。

 

 

f:id:hikonehistory:20180612170913j:plain
f:id:hikonehistory:20180612170847j:plain

 高天神城

 

 

f:id:hikonehistory:20180612170943j:plain
f:id:hikonehistory:20180612170927j:plain

横須賀城

 

史料に登場する井伊直政の足跡 第1回「大鳥居土佐屋敷」を探す

 井伊直政の事績を調べ、いつどこにいたのかという行動ルートを史料から追っていったところ、すぐに判明したこともありますが、場所が特定しづらい場合もありました。場所がわかっても、なぜこの場所なのか? と考えが広がることもあります。そういった場合、現地に行くと、なるほど、と納得できたこともありました。
 そこで「史料に登場する井伊直政の足跡」をテーマとして、史料上で直政が出かけたとされている場所を探しに出かけ、実際に現地を訪れて考えたこと、わかったことを紹介します。

 

第1回は、次の文章で示した「大鳥居土佐屋敷」を探します。

 

大鳥居氏の由緒書(「侍中由緒帳」)によると、直政は大鳥居満氏の屋敷を陣場として滞在し、その縁で直政から仕えるように言われたが、満氏は老齢のため、息子の満経と満利が直政に仕えたという。
 (野田浩子『井伊直政 家康筆頭家臣の軌跡』57ページ)

 

 まず、この文章の典拠である「侍中由緒帳」の表記を確認しておこう。
 大鳥居家初代の大鳥居土佐(諱は満氏)は、生国は近江で、その後甲州に行って武田信玄に奉公したが、勝頼の代に暇を得て、その後も甲州国内にいたところ、「直政様右の大鳥居土佐屋鋪御陣場に遊ばされ、その節御奉公をも仕上げ申し候由緒をもって、御帰陣後召し出さるべきの旨仰せ付けられ候えども、土佐年まかり寄り候につき、忰大鳥居玄蕃・同左吉召し出され候」
 (「 」内は読み下し文)

 

 この史料によると、井伊直政甲州に滞在中、大鳥居土佐の屋敷を陣場として滞在したことがあったという。そこで、その屋敷の場所と直政の滞在時期を考えていきたい。

 

 大鳥居屋敷の場所については、手がかりとなる資料が2つある。

 1つは地名。『侍中由緒帳』の解説によると、大鳥居家に伝わった系図には大鳥居土佐は甲斐国大鳥居村に居住していたと記されているという。もっとも、系図や「侍中由緒帳」では、大鳥居氏の名字の地は近江栗太郡大鳥井で、近江から甲斐に移ったとするが、これは佐々木源氏の末裔と称するために創られたものと見られる。実際には甲斐の大鳥居村が名字の地であろう。
 甲斐国内の大鳥居村を地名辞典で調べると、八代郡に次の2ヶ所がみつかった。
  ・市川三郷町下大鳥居(旧市川大門町
  ・中央市大鳥居(旧豊富村
 戦国時代、近くには駿河から甲府に抜ける街道が通っており、市川大門宿が地域の中心地であった。どちらの大鳥居村も、市川大門宿の近郊に位置している。

 もう1つの手がかりは、天正10年(1582)11月に大鳥居土佐宛に出された徳川家康朱印状である(『井伊直政 家康筆頭家臣への軌跡』56ページに写し(彦根城博物館所蔵)の図版を掲載)。これは徳川の配下に入るにあたって従来の領地や権限を認めた本領安堵状で、そこには、本領として野牛島郷(やごしま、南アルプス市)と市川新所(市川三郷町)の地名が出てくる。大鳥居が居住していた場所は不明であるが、この2ヶ所であれば市川新所の方が可能性が高いのではないだろうか。

 その理由は、2つ考えられる。
 ①名字の地である大鳥居村に近く、本領安堵状では市川新所に2筆(市川新所内、同所村松分)書き上げられており、野牛島よりも本拠としていた可能性が高い。
 ②直政が宿所とするならば、地域の拠点のはず。

 そこで市川新所について調べると、市川は古くからの地域の中心地で、甲斐源氏の祖(つまり武田氏の祖)である源義清がこの地に入ったという伝承もある。当時の中心は「平塩岡」という台地上にあったが、天正年間頃、地域の特産であった和紙の紙漉きのために水を求めて、笛吹川沿いに集落を移したのが市川新所という。「新所」とは、旧来の集落を本所と呼ぶのに対する表現である。
 開発工事が天正年間の初め頃に行われていたということなので「信玄堤」で知られる武田氏の治水技術によって、川沿いに町を築くことができたと考えられる。

f:id:hikonehistory:20180605183827j:plain

  

現地に行くと、高台の上にある「平塩岡」の地には、平塩寺跡という広い平坦地や「甲斐源氏旧跡」という石碑があった。平塩寺とは、奈良時代行基が創建したという伝承がある大寺院。中世にはここに有力者が住み、地域の中核であったことを窺わせる。

f:id:hikonehistory:20180605185615j:plain
f:id:hikonehistory:20180605185222j:plain

 

 f:id:hikonehistory:20180605185905j:plain

 

  では、直政はいつ滞在したのであろう。
 可能性のある時期は2回ある。
 1回目は、天正10年3月、武田氏が滅亡する戦いの時、家康は駿河から北上して市川に陣を構えた。これに直政が同行したことを示す記録は見当たらないが、当時、直政が家康の近習であったことを考えると、通常ならば同行しているだろう。
 ただし、この時の家康本陣は平塩寺跡に置かれたといわれている。この頃はすでに新所が開発されて集落は麓に移動しており、平塩寺もすでに荒廃していたということなので、家康が陣を敷くには最適の場所である。直政が同行していたとしても、平塩寺跡周辺に宿営したのではないだろうか。大鳥居屋敷に宿泊した可能性はゼロではないが、かなり低いだろう。

 2回目は、本能寺の変後、徳川が甲斐の領有を目指して進出し、同じく進出してきた北条と対決していた時である。天正10年8月から10月にかけて、徳川は甲府城新府城を拠点として北条勢と対峙していたが、この時直政は地元の武田旧臣を徳川に帰属させる交渉を任されていた。大鳥居の屋敷に宿泊したことを示す記録はないが、同年11月に家康の本領安堵状が出されているということは、それまでに直政が大鳥居に対面して交渉しているはずである。

 たとえ3月に家康一行の一員として市川に来ていたときに直政が大鳥居と知り合っていたとしても、配下に入るよう誘ったのは8月以降のことである。そう考えると、直政が大鳥居屋敷に宿泊した、という大鳥居家の伝承によって、直政は武田旧臣を帰属させようとして実際に地元の武士のもとへ足を運び、直接彼らと対面して交渉していた様子を窺うことができた。

 一方、大鳥居土佐はどのような人物だったのだろうか。実は大鳥居土佐の名前は、「天正壬午甲信諸士起請文」の中には出てこず、武田の有力武将の配下にあって寄親・寄子の関係を結んでいた武士ではなさそうである。それでも、大鳥居宅に直政が宿泊したということは、大鳥居が地域の有力者であったのは間違いないだろう。その後の大鳥居氏をみると、土佐の息子である玄蕃(諱は満経)は賄役、筋奉行などを務めており、井伊家の財政実務を所管する行政官という性格が強い。これらを総合して考えると、大鳥居土佐が市川新所で地域行政や財政を統括していた実績をみて、直政は彼を自身の配下に入れたのかもしれない。


参考文献
彦根藩史料叢書 侍中由緒帳』10、彦根城博物館
『日本歴史地名大系 山梨県の地名』平凡社
角川日本地名大辞典 山梨』角川書店